FRP防水工事は短い工期で防水効果が高い点が特徴!

防水性を重視するならFRP防水工事を行なおう!

FRP防水工事ってどういう工事

FRP防水は、強度が高く耐久性に優れた「ガラス繊維強化プラスチック(FRP)」を用いた施工方法です。FRPを用いた防水層は軽量かつ強靭で、耐水・耐食・耐候性に長けています。保護層も不要なため、露出防水として利用できます。歩行や車両走行にも耐えられる点も特徴です。硬化が早く1~2日で施工作業が完了しますが、施工中は独特の臭いが発生することがあるので臭気対策が必要です。出来上がった防水層は、継ぎ目のない綺麗な仕上がりになります。

FRP防水工事に掛かる費用は?

ウレタン防水よりも費用は高くなります。FRP防水工事の費用は1平米あたり平均6000円程度です。メーカーによって値引き率が異なるため、最終的な見積もりは業者によって違ってきます。FRP防水工事を依頼する際は、事前に複数の業者に見積もりを出してもらうことが大事です。少なくとも3社には見積もりを出してもらいましょう。

どの防水工事が適しているのか確認

結局どっちの防水工事を行った方が良いの?
雨漏りの状況によって異なりますが、迷っているなら、防水工事を行なっているところへ相談してみるのも手です。防水工事にはいくつか種類があり、施される防水層にも様々な特徴とメリットがあるので、どれを選べば良いか迷ったときは、業者に相談すると良いでしょう。施工場所に合った防水工事を行なうことが大事です。どの防水工事を得意としているかは業者によって異なるため、業者選びの際はそこも確認しましょう。

男性

FRP防水は近年注目されている防水工事の施工方法です。しかし、デメリットもあります。FRPはガラスを使ったプラスチックなので、長期間多くの紫外線にさらされるとウレタン防水と同様に劣化が起こります。そのため、定期的なメンテナンスの必要がありますが、これは他の施工方法でも同じです。費用とメリット・デメリットを確認した上で施工方法を選ぶようにしましょう。

TOPボタン