ウレタン防水工事は費用対効果のバランスが良い

費用を抑えたいというならウレタン防水工事

女性

ウレタン防水工事は、他の施工方法と比べてお手軽になっています。雨漏りをどうにかしたいけれど、費用をあまり掛けたくないという人に適しているでしょう。ウレタン防水の特徴やメリットを併せて紹介します。

ウレタン防水工事とは

ウレタン防水工事って何ですか?
ウレタン防水工事は、「ウレタンゴム系塗膜防水」とも呼ばれています。ウレタン樹脂を塗り付けることで、ゴム状の防水膜を作る施工方法です。液体状の材料を用いて仕上げる施工方法なので、複雑な形状の場所でも継ぎ目のない完全な防水膜を作ることができます。他の防水材料と複合的に行なう複合防水工法においても、その効果を相乗的に発揮します。防水工事の施工方法で迷ったら、ウレタン防水工事を選ぶと良いでしょう。

ウレタン防水工事を依頼すると費用はいくら?

先程も少し触れましたが、ウレタン防水工事に掛かる費用は1平米あたりおよそ3000~7000円です。雨漏りが既に発生していたりヒビ割れなどの不具合があったりする場合は、その分費用が加算されます。事前に確認しておくと良いです。撤去できるゴミなどがあれば、しっかりと片付けておきましょう。

家の寿命を延ばすために塗り替えしよう

屋根やベランダ部分は紫外線や日光、雨風による被害を受けやすく、劣化も早いため常に防水層の表面を守る必要があります。この役割を果たしてくれているのが「トップコート」です。トップコートが剥がれてくると、急速に防水層の劣化が起こります。5年を目安にトップコートを塗り替えるようにしましょう。トップコートにもいくつか種類があり、「フッ素」を使ったものであれば10年程、効果が保つと言われています。

TOPボタン